​スピーカー紹介

佐合純

iC株式会社 代表取締役

大学(音楽専攻)卒業後、レコードストアの店長に従事しながら、激務を軽減するためFileMakerでPOSや在庫などの販売管理システムを独学で構築。プログラミングとは無縁だった自分でも使えたFileMakerの直感性と、柔軟に拡張できる可能性の高さに魅力を感じ、FileMakerの世界へ。 その後「FileMakerの可能性を広げるような地図サービスを作りたい」と2017年にiC株式会社を設立し、2018年IT'S MMC社と共にデータベース向け地図サービス「marble+」をリリース。今夏はアメリカで開催されるDeveloper Conferenceにも出展予定。

※FileMaker 16/15/14/13/12 認定デベロッパ

真木 康之

アイワン株式会社 代表取締役

中学生のときに第1次パソコンブームが到来し、衝撃を受けPC-8001にのめり込むも、当時クラスに1人いるかいないかのオタクになることを恐れ何故か獣医師を目指してしまう。動物病院勤務時代にHyperCardを知りハマるが、仕事にうまく活用できず悩んでいるときにFileMakerに出会う。あまりにも簡単に仕事に使えるシステムが作れてしまうため、これで食って行こうと決めて獣医をやめる。その後20年、動物病院向けパッケージの開発、販売を行っているが、現在はRaspberry Piを使ったCTIシステムにも力を入れ、もっと売れないかなと思っている。

池田 栄司

トップオフィスシステム株式会社 代表取締役

トップオフィスシステム株式会社代表取締役。 滋賀大学経済学部を卒業し、キヤノンシステムアンドサポート(株)を経て現在に至る。平成19年より代表取締役。 社内でFileMakerを使った顧客管理を開発し、2011年にはiPadを使った保守管理業務にも運用をし注目を浴びる。 これが契機となり、営業職として中小企業を始め様々な業種の顧客にシステム導入の提案をする中で、FileMakerが顧客の「実現したいこと」を実現する第一の手段として注目し、積極的にFileMakerによるIT化を支援している。 またfmgo.jpにも早くより注目し、積極的にサンプルソリューションの掲載を行っている。

片岡 達博

株式会社未来Switch 代表取締役

フィルム映画の撮影に明け暮れた学生時代から、卒業後は家庭用コンシューマゲームの開発に20代を捧げる。
その後、システム開発の現場で自由度の高いFileMakerの開発スタイルに魅了され、「FileMakerをとことん楽しめるワークスペース」として、2015年に株式会社未来Switchを設立。代表取締役に就任。
FileMaker Certified Developer

八木 省一郎

合同会社イボルブ

2011年より、デザインにこだわった、受託開発やパッケージシステム開発を行なっています。他業界で培った知識と、経験豊富なデザイナーとがをコラボして、わかりやすくて使うのが楽しくなるシステムを目指しています。特にiPadやiPhone向けのカスタムAppのUI/UXには定評がある。 開発だけでなく、トレーニングやコンサルティングもこなすマルチプレーヤー。

久米純矢

株式会社AISIC 代表取締役

  

石田幸広

MPLab.代表

大正くすのきクリニック 副室長

 2015年、北摂臨床工学技士フォーラムにて初めての基調講演を行うが、プレゼンテーションを学んでいくうちに自身を含め医療業界におけるプレゼンテーション能力の低さを実感してくこととなる。同年3月より有志による医療従事者のプレゼンテーションセミナーを定期的に開催することで、参加者のプレゼンに対する習得意欲を感じ、プレゼンを学ぶ場と実践する場がさらに必要であると考え、Medical Presentation Lab.を立ち上げる。

Please reload

@ 2019 Copyright © MiraiSwitch Inc. All Rights Reserved.

FileMaker 及びファイルメーカーは、FileMaker, Inc. の米国及びその他の国々における登録商標です。

その他のすべての商標は該当する所有者の財産です。

ビジネスアプリMyスタイル'19の内容は予告なく変更する場合があります。