ワークショップ紹介:地図連携サービス「marble+」を使ってGoogleマップを使いこなそう

本番に向けて、セッションやワークショップを紹介していきます。

今回はFileMaker プラットフォームで地図が使えるようになるワークショップ。

『地図連携サービス「marble+」を使ってGoogleマップを使いこなそう』

使い慣れたGoogleマップをビジネスでも使いませんか?

ややこしいライセンス契約も、難しいJavaScriptも必要ない地図連携サービス「marble+」を使って、FileMakerとGoogleマップを連携してみましょう!

※当日は試用ライセンスを使って実際に作業をしますので、FileMaker Pro 16以上がインストールされているPCをお持ち下さい(Mac/WinどちらでもOK)

人数が多いとフォローも難しいので、下記フォームから事前にお申し込み頂けると助かります!

https://forms.gle/dRJEHGLMhfdFSJmj6

iC株式会社

代表取締役 佐合純

FileMaker Pro Advanced や FileMaker Go で地図を表示するのにGoogleMapを使って表示することは出来るのですが、2つ問題があります。

  1. APIキーを取る必要がある

  2. JavaScriptを理解する必要がある

APIキーを取る時にGoogleのアカウントにクレジットカードを登録する必要があります。企業ユーザさんだと、その辺のハードルが高い場合があります。

この辺は去年にGoogleの利用規約が変更になってしまい、色々なものがAPI必須となってしまいました。

また、JavaScriptを理解しないと複数ピンを立てる等が出来ません。


GoogleMapは素晴らしいのですが、時々仕様が変わるので下記のような問題が起きます。

FileMaker Go をインストールすると入っているサンプルファイルですが、GoogleMapを使って住所から地図画像を取得する処理が入っていた為、エラーを返すようになりました。(要約するとAPIキーを使ってください)


FileMaker Go のサンプルファイル

そういう問題を解決し、FileMaker プラットフォーム上で地図を使いやすくしたのが「marble+」というサービスです。


GoogleMap→marble+→FileMaker プラットフォーム

というイメージです。

GoogleMapとの契約や難しい部分を「marble+」やってくれるので、安心して使うことができます。

また、好きなピンを立てたり地図の上に地図を重ねたりする様な+αな機能もあります。


iC株式会社のYoutubeチャンネルでデモ動画が公開されているので、そちらを見るとイメージがつくかと思います。





@ 2019 Copyright © MiraiSwitch Inc. All Rights Reserved.

FileMaker 及びファイルメーカーは、FileMaker, Inc. の米国及びその他の国々における登録商標です。

その他のすべての商標は該当する所有者の財産です。

ビジネスアプリMyスタイル'19の内容は予告なく変更する場合があります。